パネル化工法

パネル化工法とは

工場製造により安定した品質と性能を持ち、現場作業の省力化を図る環境に配慮したパネルです。

モノコック構造

モノコック構造

モノコック構造にすることにより耐震性に優れた構造になる。

モノコック(monocoque)とは

ギリシャ語で「ひとつの…」という意味の接頭語"mono"と、フランス語で「貝殻」という意味の語"coque"を組み合わせた合成語。車体・機体の骨組み(フレーム)の代わりに、外板に必要最小限の加工を施して強度剛性を持たせる設計のことで、内部空間を広く取ることができ、構造を簡素化することで軽量化にもつながる。
外板を強度部材とする場合、卵やカメの甲羅などのように丸みを持たせた構造のほうが高い強度を得られるため、モノコック構造で作られたものは一般的に断面形状が丸みを帯びているのが特徴である。

(Wikipediaより)

特徴&メリット

快適性
従来の現場で充填する繁雑な断熱工事に比べ、パネルを施工するだけで高性能な断熱材を簡単に隙間なく施工でき、住む人や地球に優しいエネルギー効率の高い住環境のご提供が可能
環境
工場製造により、現場で加工する作業が減少し産業廃棄物を削減できる環境に配慮したパネル
耐久性
住宅全体が剛床・耐力壁構造になることで、木造軸組在来工法の弱点を克服でき、大きな耐久性・耐震性を発揮
品質
工場製造での品質管理により、安定した品質・精度・性能・構造強度の確保が可能。さらに、様々な面で作業効率を高め高度に均一化された性能を発揮でき人の手による施工の ばらつきがない高精度・高品質な住宅をご提供することが可能
自由設計
デザインや設計に何かと制約の多い規格化されたパネルではなく、1棟1棟それぞれのプランに合わせたパネルとして自由設計に完全対応オーダーメイド受注生産により、ご要望に合わせたパネル形状・断熱性能でご提供が可能
合理化
オーダーメイドで製造するパネルなので、現場作業の様々な手間が省かれ工期短縮を実現省力化パネルを使用することで、在来軸組工法にあった様々な工程を省略し作業工程の短縮が可能

工法別工期比較フロー

省力化パネルを使用することで、在来軸組工法にあった様々な工程を省略し作業工程の短縮が可能

工法別工期比較フロー

※チャートはあくまでも工期短縮に関するシュミレーションになりますので、ご了承ください。